代配ちゃん物語 #54 よかった〜【新連載】

物陰に隠れ、チョン掛けして仕掛けておいた現読の家を張り込んでいた茉莉花。

向こうからやってきたライバル紙の同じ地区を配る袖さんが自分の配達をしながらいよいよ茉莉花が配る家の前までくると…なんと茉莉花がチョン掛けしておいた新聞に手をかけた!…この瞬間にしゃがみこんでいた茉莉花は瞬発的に体が起き上がり前のめりにその場に出ていきそうになった。

その時だった…ふと思いとどまりその様子を見続けていると、袖さんはその手にかけた新聞を一旦抜くとしっかり折り直して再度、中に落ちるように入れ直してくれていた。

いつも新聞を中まで落とすようにいれる茉莉花が、その家にいつもどおりに入れるのをミスしたと思い込んで、袖さんは親切に入れ直してくれたのだった…