臨配くん物語 #157 ある休刊日まえの話【第2章 大輔、臨配やるってよ】

同郷ということもあり何やら自分の環境とは違うなにか訳ありなベトナム人だなと感じていたLilyであったがその場は取り繕う目的もありLINEを交換した。

そして、LINEを交換したのも忘れてしまっていたある休刊日前にRandyから1本のLINEがきていた…

「やあ!Lily…こんにちは…もし良かったらで良いんだけど休刊日まえの日曜日の午後にカフェでもどう?よかったらその後、ディナーでもできたらと思ってます…お返事まってます」そんな内容のLINEであった。

この販売店に赴任してからというもの、Lilyは環境になれるため、またお金を貯めるため一切外食や自宅からでない生活だったのだが、流石にすこしリフレッシュしたいということもありタイミングの功というかRandyのそのお誘いにのって見ることにしたのだが…