代配ちゃん物語 #70 同期としての愛【新連載】

玲に対して、今回ほどの事件をそのままで簡単にやり過ごすことは決して許してはいけない…そんな気持ちが現れたのか茉莉花は専業たちが聞き耳を立てている中で今後、どうケリを付けるのか玲を問いただした。

「玲…今回の件…やっぱり所長には言わないでおくのは良くないと思うの…」そう茉莉花が言った途端に、心のどこかで許してもらえると踏んでいた甘い考えがどこかにあった玲にとって意外な一言であったのか玲はその場に再度、泣き崩れてしまった。

この一言を告げるに踏み切った茉莉花には玲には深い思い入れと、深い愛情があるがゆえであったのだ…おそらく茉莉花は毛頭から所長には今回の件は言うつもりはなかったのにだ。