代配ちゃん物語 #71 女泣き仲間泣き【新連載】

結構、強めに玲に言い寄り一通りわめき倒すと、茉莉花はすっかりだまりこくってしまった。そしてしばしの沈黙のあとなんと突然、今度は声をあげて泣き出してしまった。

「玲!私たちはこのお店に同じ日、同じ時間にきてこんなところなんて3日でやめてやるっ!てその日に互いに宣言して…」まさか茉莉花までも泣き出すとは思っていなかった玲と店内の従業員はその感極まる茉莉花の魂の叫びに一気に心を奪われ、みな一様に声をだしてシクシクと泣き始めた。

「あなたと私は、絶対に一緒になって大学を卒業して絶対にこの苦しい経験を無駄にしないで、楽に大学言ってる奴ら見返してやるって誓った仲なの!!」茉莉花は玲に対する仲間愛を今度は声高にコンコンと語りだした。するといよいよそこにいる全員がワンワンとみなタオルで拭いきれないほどの涙を流し聞き入った。

「私とあなたは…仲間なの…」茉莉花はそう玲に言葉を添えた。