臨配くん物語 #169 疑惑の痕跡【第2章 大輔、臨配やるってよ】

RandyはテーブルしたからLilyの手を握り、なにかを囁やこうとしていた。

「Lily…俺…好きになった…」Randyは不器用にも言葉をつまらせながらLilyに告白をしたのだ。Lily的には最近、大輔といいムードになっていてまさかRandyを恋人候補とは見ていなかった節がある手前、嬉しさとかがあるわけではないが他人から好意を告げられるというのはあながち嫌な気分ではなかった。

「ん?」LilyはRandyになにかしらの言葉を返そうとしたときに、ふとテーブルしたから彼の腕を見たときに見覚えのあるあの痕跡が視界に入ってきた。

ベトナムのスラム街などに蔓延する腕へのあの痕跡だった…