臨配くん物語 #179 芽生え【第2章 大輔、臨配やるってよ】

大輔と半ば、恋人状態であったLilyだったが…

Randyとご飯へいったところ身の上相談を受けたことによって母性本能的なものを感じて帰宅したが…朝刊の作業場で大輔のひょんな嫉妬から口論に発展してしまった。

Lilyの故郷のベトナム男というのはどちらかというと女性に媚を売るタイプではなくむしろ女を手球にとるパターンが多いゆえに大輔の女々しい嫉妬でどこか冷めたしまったところがあった。

そして、当初母性本能的なものでしかなかったLilyのRandyへの感情はやがて恋心に似たものが芽生えたいったのをLilyは自分の中でふつふつと感じとっていた。