臨配くん物語 #189 それでも無情にくるデート当日【第2章 大輔、臨配やるってよ】

Lilyの気持ちが揺れていることは自明だった。

だからこそ大輔はそのとまどうLilyの唇にキスをし、時間稼ぎ果てはあわよければ自分の元にLilyを取り戻したい…そんなつもりでいた。

が…大輔のそんな小細工も虚しく気持ちが揺れながらもLilyはRandyと一度はしてしまったデートの約束を果たすつもりは変わらなかった。

そして無情にも大輔の引き止め工作も虚しくデートの当日を迎えてしまうのだった。