臨配くん物語 #10 臨配のおじいちゃんが上げられた【新連載】

どうにかこうにか、初めての朝刊を終えすぐに帰宅して4時間ばかりの仮眠をとった。まだなれない体は、仮眠前には気が付かなかったがあちこちが筋肉痛でなかなか立ち上がれないことに気がついた。

眠い目をこすり、痛む体を寝床から引き剥がし11時のお昼ミーティングのために販売店に向かった。

「おはようございます!」大輔はいつものように大きな声であいさつをした…いつも誰も大輔のあいさつに返事するものはいないのでその点ではいつも通りであるはずなのに大輔には違和感でしかなかった…そう…いつも大輔のあいさつに唯一大きな声で返事をしてくれるおじいちゃん、臨配のおじいちゃんがいない!!

大輔はすぐとなりにいる、小竹という管理職の専業に臨配のおじいちゃんについて訪ねた。「小竹さん!あのおじいちゃんは?臨配の….」

「ああ、あのじいさんか…もうしばらく来ないかもな。」

「ええぇぇ!!」大輔は突然いなくなってしまった臨配のおじいちゃんとはすったもんだあったが、それ以来はとても会話してても楽しくてとても懐いていたので驚きのあまりミーティング中もなんも考えられずにただ呆然としていた。。

お問い合わせ

販売店さま、臨配の方、
ご連絡お待ちしています。

電話アイコン電話する24時間受付 電話アイコン050-6869-677524時間受付 LINEアイコンLINEする24時間受付