臨配くん物語 #19 臨配のおじいちゃんの教え【新連載】

臨配のおじいちゃん「いいか!大輔よ!

大輔「は、はい!」

臨配のおじいちゃん「この業界でな、人が去るときの鉄則みたいなのがある…なんだと思うか?」

「お店からの借金とか、カブで事故ったりとかですか?」大輔はまったくわからず闇雲にありがちな答えを口にした。

臨配のおじいちゃん「うんにゃ…人間関係じゃ!一つは店の人間との関係で…もう一つは新聞を購読しているお客さんとの人間関係なんじゃ」おじいちゃんはお猪口に並々注がれた久保田をすすりながらそう大輔に教えた。

「人間関係!!」「お客さん!!」大輔は肉体労働のイメージが強い新聞業界だから借金や身体にまつわることなのかと考えていたのでそのいかにも人間関係という繊細な答えを予想していなくてなんとも意外だったことが記憶に焼き付いていた。

大輔はこの回想をしながら、いま自分が置かれてる立場を省みて自然に自分の意思に待った!をかけた。

お問い合わせ

販売店さま、臨配の方、
ご連絡お待ちしています。

電話アイコン電話する24時間受付 電話アイコン050-6869-677524時間受付 LINEアイコンLINEする24時間受付