臨配くん物語 #20 鉄拳制裁【新連載】

臨配のおじいちゃん「うんにゃ…人間関係じゃ!一つは店の人間との関係で…もう一つは新聞を購読しているお客さんとの人間関係なんじゃ」

この言葉が大輔の脳裏に走馬灯のように駆け巡った。そのとき閉じていた目をうっすら開けるとほのかにコロンの匂いをまとったお姉さんは目を閉じていてお姉さんの下唇と大輔の上唇が重なろうというまさにその瞬間だった。

「バンっっっ!!!」大輔は思いの丈の力でお姉さんの肩に自分の両腕を置き、その惰性の力で首を自分の背中の方に振れるだけ降った。

「お姉さん!!」「いやお客様、自分はこの仕事に真剣に取り組んで自分の中の仕事とは何たるものなのという問の一つの答えを追い求めて見たいんです!!」大輔の不意な心情の告白に、玄関先でお姉さんはキョトンとしてしまった。

大輔は、自分自身に鉄拳をお見舞いしたのだ…

お問い合わせ

販売店さま、臨配の方、
ご連絡お待ちしています。

電話アイコン電話する24時間受付 電話アイコン050-6869-677524時間受付 LINEアイコンLINEする24時間受付