臨配くん物語 #24 諭吉をつっこむが…【新連載】

「さ、さ、さ、三枚だ…」小竹はなにかを隠したように答えた。

「へ?3000円?…たったそれだけなら、そんなに震えることないでしょう!小竹さん!!」大輔は切り返した。

「アホか!スロットに行って3000円で何ができるかたかだか100ゲームしか回せねぇ!」小竹は知った口で大輔を怒鳴り上げた。

大輔は、なぜこんな状況でなぜ怒鳴り上げられなければいけないのか上司であろうとイラッとして今度は逆に小竹に少し声を荒げて聞き返した。

「んで!結局、いくら使いこんじゃったんですか?」

小竹「……….。

小竹は今度こそ隠し事をせずほんとうのことを大輔に打ち明けようとしていた。

お問い合わせ

販売店さま、臨配で働きたい方、
ご連絡お待ちしています。

電話アイコン電話する24時間受付 電話アイコン050-6869-677524時間受付 LINEアイコンLINEする24時間受付