臨配くん物語 #46 ある雨の日の記憶【新連載】

大輔の目に飛び込んできたパーカー。大輔は多鶴子と甘いひとときを過ごしてることも忘れ、なぜか引っかかったそのパーカーの存在を思い出せずにいた。

大輔はおもむろに立ち上がりパーカーを手に取り凝視した。その瞬間に多鶴子のぎこちなさはMAXになり多鶴子はいてもたってもいられなくなったのか、飲み終えたスムージーをかたす名目で手にとってキッチンの方へかけこむようにしていってしまった。

大輔はそのパーカーの背面にあるあるロゴに注目した。【◯◯臨配センター】ある臨配団の名前がそこには記されていた。そのときだった…大輔の中である記憶とそのパーカーが完全にリンクした。

「あ!このパーカーは確か…新しくきた臨配の山口が土砂降りの朝刊のあとに着替えていたパーカー…臨配団のユニホームだったのか…」大輔は誰もいなくなったリビングで思い出せた喜びでたまらず一人で声に出していた。

「ガラガラガッシャーン!!」その時…キッチンで洗い物をしていた多鶴子の方からグラスがいくつか割れる音が木霊した。

お問い合わせ

販売店さま、臨配で働きたい方、
ご連絡お待ちしています。

電話アイコン電話する24時間受付 電話アイコン050-6869-677524時間受付 LINEアイコンLINEする24時間受付