代配ちゃん物語 #5 空いたレモンサワーのジョッキ【新連載】

他人に対していい意味で壁をつくらない茉莉花は、まだ育ち盛りということもありだただただ焼肉が食べれるという目の前のご褒美のチャンスに徳俵の晩飯での焼き肉の誘いに首を横に振る理由は微塵もなかった。

徳俵が休みの前日などによく行くという販売店から20分ほど離れた街の中にあるという牛タンが特にオススメという朝鮮風本格的焼肉の店へ、茉莉花は連れられるままにその店の暖簾をくぐった。

店につくと、飲み物のオーダーを取りにきた年配女性のウエイトレスに徳俵は即レモンサワーを二つ注文した。

茉莉花に何を飲むかを尋ねることなく、レモンサワーはレモンジュースであると言う徳俵の勝手な決め台詞により、20歳に満たない茉莉花に結果としてアルコールをすすめてしまったのだ

これがのちに大問題になるとも知らずに

朝鮮風の本格的な焼肉ということで肉は絶品!好きなだけ好きな肉を食べていいと言われた茉莉花は肉はもちろん、それに合わせてレモンサワーまでもガンガン胃袋に納めていったのだった…会計の頃には二人でジョッキ10本は空にしていた。

お問い合わせ

販売店さま、臨配で働きたい方、
ご連絡お待ちしています。

電話アイコン電話する24時間受付 電話アイコン050-6869-677524時間受付 LINEアイコンLINEする24時間受付