臨配くん物語 #95 販売店にむかう田舎道で【第2章 大輔、臨配やるってよ】

おばちゃんにもあいさつを終えた大輔は再び、所長が運転する転送車の軽バンに乗り込んだ。

畦道を進む中で、、

「ここらへんが大輔くんが配達するエリアなんだよどうだい?びっくりしただろ?」

そこは1キロおきに牛舎が立ち並び、車道の両脇には田んぼに水を供給する用水路があり、その用水路には蛙は当たり前、蛇すら現れそうな自然の風体であった。

「ここですか!!あっ嫌だとかそうゆう意味ではないんですがびっくりしすぎて」

大輔はいままで都会を配達していてオフィスビルやマンションを担当することが多かったので流石にこんな大自然のなかに放り込まれたことはなくて仰天するばかりだった。

やかて車は少し部落を離れ繁華街らしき、地元民が休みに飲み歩くであろう安っぽ~いネオンが取り付けられているスナック街に差し掛かった。

「うちの従業員はみな給料が入るとここで飲み散らかしてしまってな~かっかっか!」

所長は遊び好き従業員を揶揄して爆笑しているその声が田舎の畦道一帯に響きわたっていた。

お問い合わせ

販売店さま、臨配の方、
ご連絡お待ちしています。

電話アイコン電話する24時間受付 電話アイコン050-6869-677524時間受付 LINEアイコンLINEする24時間受付