臨配くん物語 #117 恋愛のありか【第2章 大輔、臨配やるってよ】

二人の専業、木鈴と田本がいがみ合う真の理由それは事務員である陽子さんを取り合う恋敵であるという部分が核心であるとわかり始めた大輔。

とはいっても、家庭持ちの中年女性をわざに恋心を燃やす対象にする縁たるものがなぜあるのか大輔には不思議でならずふと隣にいる店長に尋ねた。

「あの~店長専業さんは販売店の外では恋愛はしたりしないんですか?やはり職場内が多いのでしょうか?」

「大輔この仕事は時間に追われて、お金に追われてどっか所以のない遠くの恋心をキャッチできる余裕なんて到底ないまたはっきりいうとそれらがあってもなかなか見染めてもらいづらいというのもあるだから近くの事務員さんや、行きつけのスナックの女の子にハマり、散財し、またお金に追われるという悪循環にハマってしまうのさ

社会の歯車となりいつのまにかもみくちゃにされてしまうその負の連鎖の仕組みを改めて聞き、大輔はなんというか気の毒さ混じった哀れなブルーさに苛まれるのだった…

お問い合わせ

販売店さま、臨配の方、
ご連絡お待ちしています。

電話アイコン電話する24時間受付 電話アイコン050-6869-677524時間受付 LINEアイコンLINEする24時間受付