臨配くん物語 #160 貧困だった幼少時代【第2章 大輔、臨配やるってよ】

LilyはRandyがなぜ日本にきたのか、またこれから将来どのようにしていくつもりなのか、何気なしに尋ねた。するとそれまでは饒舌だったRandyはふと寂しげな瞳になり、下を向きうつむきがちに口を開き始めた。

「俺、ベトナムにいる頃…物心ついたときから貧乏でずっとストリートチルドレンだった…」なにいろんな過去を背負い込んでしまっていることが容易に想像できるようなもの寂しげな瞳でそうLilyに打ち明けるRandy

「ママは女手一つでずっと俺を育ててくれた…すごい貧乏でまったくご飯が食べれない日もあって…」Randyは目に涙をため続けた。

「日本に来ればとりあえず家族に豊かな生活をさせてあげられると思って…」Randyは目に溜めた涙をついに頬にこぼしながら語っていた。

お問い合わせ

販売店さま、臨配の方、
ご連絡お待ちしています。

電話アイコン電話する24時間受付 電話アイコン050-6869-677524時間受付 LINEアイコンLINEする24時間受付