臨配くん物語 #161 打ち明けられる真相【第2章 大輔、臨配やるってよ】

頬に涙を伝わせ、幼少期の貧困な生活についてLilyに刻々と語るRandy。いよいよ涙が抑えきれなくなり、同郷ということもあってかLilyも気の毒になりハンカチを差し向けた。

そんなLilyの優しさに心打たれ、ついにRandyの涙腺は崩壊してしまった。そしてLilyになら自分のことすべて話してもいい…自分の門外不出の秘密ですら話してしまいたいそう思うまでになっていた。

「Lily…実は…」Randyは尋常じゃないことをこれからカミングアウトすることが容易に想像できる表情でLilyの名前を呼びつけた。

Lilyは知ってしまったらもう、距離をおいた関係を保てないことを承知でその告白の続きに耳を傾けた。

お問い合わせ

販売店さま、臨配の方、
ご連絡お待ちしています。

電話アイコン電話する24時間受付 電話アイコン050-6869-677524時間受付 LINEアイコンLINEする24時間受付