臨配くん物語 #167 情【第2章 大輔、臨配やるってよ】

Randyは自分が観光ビザで来日し、すでにその滞在期限が切れている状態でもいまだ日本で仕事をしていることを打ち明けた。

Lilyも打ち明けられた当初は、Lily自信が真面目で道が外れたことをしない人生を歩んできてるがゆえにその話を聞いたときこそドン引きしていた。

しかし…あまりの素直さと同郷ならではの仲間意識が芽生え、はじめこそこのことは誰にもいってはいけないことという消極的な責任感しか芽生えていなかったのだが…

やがてそれはなにやら異性としてもRandyに対しての愛情とまではいかずとも、情として芽生え、食事も後半に差し掛かることには恋人一歩手前くらいまでの距離感になっていた。

お問い合わせ

販売店さま、臨配の方、
ご連絡お待ちしています。

電話アイコン電話する24時間受付 電話アイコン050-6869-677524時間受付 LINEアイコンLINEする24時間受付