臨配くん物語 #173 アジアのチルドレンビジネス【第2章 大輔、臨配やるってよ】

「たとえ10歳にも満たない幼子であっても、アジアのストリートチルドレンビジネスの闇は底知れぬ深い…」Randyはより克明に語り始めた。

「薬を売る幼子であれば試供のためというよりは、中毒にして一生に渡って闇ビジネスに染めて根こそぎ搾取する目的がある」Randyは続ける。

「ストリートで観光客などに物乞いする幼子の場合、五体満足だと同情を引き出せず稼ぎが芳しくないということで、わざわざより恵みを貰えるように、腕を落としたり光を奪ったりなどということも普通に横行してるのさ!」

いまでは、それこそ富裕層で言えば一部東南アジアのほうが日本を凌駕するところはあるが、平均で言えばまだまだ日本のが裕福でありアジアの貧富の差というのは底知れる闇を抱えている…Randyは切実に現状を説明してくれた。

お問い合わせ

販売店さま、臨配の方、
ご連絡お待ちしています。

電話アイコン電話する24時間受付 電話アイコン050-6869-677524時間受付 LINEアイコンLINEする24時間受付