代配ちゃん物語 #90 気まずさ故に切られる電話【新連載】

「あーもしもし…臨配センター●●さんですか?」店長がいよいよ小浜の上がり工作のために団のオフィスに連絡をしていた。

この時を見計らっていた佐藤はおりゃーとも聞こえそうな奇声とともに柱から飛び出してきた。

店長は、後ろめたさを持って電話をしていることもあり、その佐藤の行動に驚きなにかを察知されては困ると思いとっさに団長への電話をきって佐藤の奇襲に備えた。

「いったいなんなんだ君は!!」店長の佐藤への応酬の怒号が日曜の誰もいない販売店の事務所に木霊した。

お問い合わせ

販売店さま、臨配の方、
ご連絡お待ちしています。

電話アイコン電話する24時間受付 電話アイコン050-6869-677524時間受付 LINEアイコンLINEする24時間受付