代配ちゃん物語 #92 ボイスレコーダーのPLAYボタン【新連載】

「店長さん…こないだどうも…」佐藤が不気味な笑みを浮かべて店長に話しかけてきた。

このとき、店長はまだ自分と小浜の裏工作について誰も真実をしっているはずなていないと信じ切っていた。

その自信から余裕しゃくしゃくで佐藤の不気味な笑みを出迎えたのだがある佐藤の行動でその場が一瞬にして凍りついてしまったのだ…なんと佐藤は自分のスマホの画面に立ち上がっているボイスレコーダーの画面を印籠のように店長に突きつけたのだ。

そのスマホの画面には【店長と小浜の会話】と記されたファイル名がしっかりと刻印されいつでも再生できるような状態になっていたのだ。

お問い合わせ

販売店さま、臨配の方、
ご連絡お待ちしています。

電話アイコン電話する24時間受付 電話アイコン050-6869-677524時間受付 LINEアイコンLINEする24時間受付