代配ちゃん物語 #93 罪状認否【新連載】

もういつでも店長と小浜の不正を暴く録画されたボイスレコーダーを再生できるぞとばかりに自分のスマホの画面を見せつけた佐藤。

それを目の当たりにした店長は、凝縮しきりまるで借りてきた猫のように…また猫にもて遊ばれるネズミのようにその後は佐藤に転がされるばかりとなった。

「それでは店長…これからあなたと小浜のしでかそうとした罪状の認否からしたいと思うのですが…なんでも正直に認めれば私はあなたと小浜を悪いようにはしないです…がもし少しでも言い訳じみたことをしたら今回の件はすべてリークします…」

諤々と震えきった店長に対して佐藤の雄弁さはとどまることを知らなかった。

お問い合わせ

販売店さま、臨配の方、
ご連絡お待ちしています。

電話アイコン電話する24時間受付 電話アイコン050-6869-677524時間受付 LINEアイコンLINEする24時間受付