臨配くん物語 #192 忍ぶ影【第2章 大輔、臨配やるってよ】

亀十のどら焼き、常盤堂の雷おこし、あづまのきびだんご、麦とろのとろろ飯、浅草ちょうちんもなかのアイスもなか、おいもやさんの大学いも、浅草メンチのメンチカツ…浅草の雷門にならぶ食べ歩きの名店という名店を片っ端から制覇するLilyとRandyだった。

きたばかりのときはどこか憂鬱な迷い混じりの表情のLilyであったが、美味しいいものを頬張っているうちにその憂慮は徐々に紛れるようにはなっていた。

そんな食べ歩きを楽しんでいると、ある瞬間にLilyに妙な虫唾が走った…どこか影から誰かが自分たちのことを監視している!

Lilyはそんな気がしてならなかった…とっさに辺りを見回してみたが誰も見ているものはいなかった…気のせいかそうLilyは自分に言い聞かし引き続き美味しいい浅草名物を頬張った。

お問い合わせ

販売店さま、臨配の方、
ご連絡お待ちしています。

電話アイコン電話する24時間受付 電話アイコン050-6869-677524時間受付 LINEアイコンLINEする24時間受付