臨配くん物語 #197 近づく男【第2章 大輔、臨配やるってよ】

撮影までして自分たちを尾行しているのは何かしらの内偵い違いない。

LilyはRandyになにかやましいことがなければそれでもおどおどする必要はない…そういってもRandyのぎこちなさはおさまるどころかより一層、おどおどし始めていた。

「Lily…ちょっとすこし二人の間隔を開けて歩こう!Lilyが一人きりになったように見えるように!」

Lilyは依然、Randyの意図もわからぬままそれに従い距離を置いて歩き始めた…するとしばらくして有る一人の男がつかつかとLilyに近寄ってきた。

お問い合わせ

販売店さま、臨配の方、
ご連絡お待ちしています。

電話アイコン電話する24時間受付 電話アイコン050-6869-677524時間受付 LINEアイコンLINEする24時間受付