代配ちゃん物語 #109 悪名がはばかる【新連載】

2つも途中下車し、その都度次の場所へ移動するように言われた佐藤。そんなことならはじめから直接、面接する場所を伝えてくれと少し不機嫌になっていた。

ドアをあけ、自分の名前を告げるとやる気なくうつ伏せになり顎を机にのっけながらPCでTwitterを開いている事務員が気の抜けるような返事で佐藤を出迎えた。

「社長〜面接の人きたよ〜」その事務員はタメ口で奥にいる男に佐藤が到着した旨を知らせた。

「はい、は〜い…お…君が佐藤くんか…悪い噂が流れてるぞ…名前はきいてる…」奥からでてきたその男は佐藤をみるなり第一声から佐藤に牽制球を投げてきた…

お問い合わせ

販売店さま、臨配で働きたい方、
ご連絡お待ちしています。

電話アイコン電話する24時間受付 電話アイコン050-6869-677524時間受付 LINEアイコンLineする24時間受付