臨配くん物語 #206 懇願するRandy【第2章 大輔、臨配やるってよ】

Randyの周りにいる過酷な労働条件下に置かれている仲間たちからの依頼

Lilyとの約束もあり、完全に界隈からは足を洗ったつもりでいたのだがそう簡単ではなかった。同郷の新聞留学生にも以前に、売ったことがあり今回はそこからRandyまで足がついたとのことだった。

特に海外からの労働者への過酷な労働の強制は、この特効薬をもってしても決して楽ではないという。

取り調べを受けていくなかでRandyはふとこれらの供述はLilyの耳元に入るのかが気になって仕方なかった。

そしてRandyは土下座をしてLilyにだけは言わないでほしいと取調官に懇願した。

お問い合わせ

販売店さま、臨配の方、
ご連絡お待ちしています。

電話アイコン電話する24時間受付 電話アイコン050-6869-677524時間受付 LINEアイコンLINEする24時間受付