臨配くん物語 #208 苦肉の決心【第2章 大輔、臨配やるってよ】

Lilyに再び薬物がらみの事件を起こしたことを知られたくない。

そう捜査官に願いを出したところある条件を突きつけられたRandy…そうそれはいわゆる司法取引とよばれるものだった。

「お願いします!もしLilyの耳に今回のことが知れ渡らないのであればどんな条件でものみます!」Randyは生半可な条件ではないことは百も承知で捜査官の打診を受け入れた。

「条件を教えてください!」Randyは絶えきれずフライング気味にその条件の内容を捜査官に伺った。

「一つは…今回の薬物事件に関する関係者…仕入先から顧客までをすべて白状してもらう…そしてもう一つは…」捜査官は一つならず二つ目の条件を口にしかけた

お問い合わせ

販売店さま、臨配の方、
ご連絡お待ちしています。

電話アイコン電話する24時間受付 電話アイコン050-6869-677524時間受付 LINEアイコンLINEする24時間受付