臨配くん物語 #210 絶望に暮れるRandy【第2章 大輔、臨配やるってよ】

捜査官から覚悟を促さえれ、考えられるあらゆる悪い条件を想定してその口から発せられるものに身構えたRandy。

そして捜査官は、Lilyにこの件を口止めする条件の2つ目として金輪際、Lilyに会うことはできない旨をRandyに伝えた。

その瞬間、他の捜査官ですらすこしやりすぎな条件ではないかといった表情で条件を口にした捜査官を2度見していた。

「なんでLilyに会わないことが今回の事件の解決に関係あるんですか!!」絶望に暮れるRandyがこのときできる抵抗がその理由について問い詰めることぐらいしかなかったのだ…

お問い合わせ

販売店さま、臨配の方、
ご連絡お待ちしています。

電話アイコン電話する24時間受付 電話アイコン050-6869-677524時間受付 LINEアイコンLINEする24時間受付