臨配くん物語 #212 無言の別れ【第2章 大輔、臨配やるってよ】

2つ目の条件…Lilyと二度と会うなと言われたときにはその理不尽さにとっさに抵抗するという形で応戦したRandy。

しかしここは厳格な法治国家である日本…一度、決定したことの揺るがなさは異国の人間からしたら諦める以外のなんの手段さえも許されないほどの従わざるを得ない掟ににたものがあった。

声を荒げ抵抗中のRandyはふと、魂がぬけぬいぐるみのようにおとなしくなり、やがて地面を見つめうつむきなにか考え込むような素振りを見せ始めた。

まもなくして…

「はい…それではこのまま何も告げずにLilyと分かれることを誓います。」Randyは何かを悟ったようにそう捜査官に告げた。

お問い合わせ

販売店さま、臨配の方、
ご連絡お待ちしています。

電話アイコン電話する24時間受付 電話アイコン050-6869-677524時間受付 LINEアイコンLINEする24時間受付