臨配くん物語 #216 ただ告げられた別れ【第2章 大輔、臨配やるってよ】

Randyからの国際メールには、今回の事件についての事細かい内容については方便で隠されていた。二度と薬物にまつわることに関してはしないとLilyと約束した手前は口が滑っても本当のことは言えない。

ただツラツラと文面から読み取れるのは、RandyとLilyの未来に関しては別れという二文字をもって意を決める旨の内容に、Lilyの中でももうRandyに会えないだろうことは覚悟することをその手紙から求められていることは察知していた。

差し出したRandyはベトナムにいる…そして二度と日本にはもう来れない…そしてRandyか手紙を差し出した住所は記されていない…

Lilyの中で一つの恋愛の幕がおりた気がしたと同時に、Randyからの手紙をそっとたたみ元の便箋に静かにしまい込んだ。

お問い合わせ

販売店さま、臨配の方、
ご連絡お待ちしています。

電話アイコン電話する24時間受付 電話アイコン050-6869-677524時間受付 LINEアイコンLINEする24時間受付