代配ちゃん物語 #121 さらに過酷になる仕事量【第2章 茉莉花の文武両道】

販売店に赴任し、初めはその仕事だけの辛さでも十二分に弱音を吐き毎日涙していた茉莉花だったが…人間の適応力というのはなんとも強靭であるという実証ともいえるほど仕事を終える時間も、ミスもなくなり下手な社会人の専業よりも戦力になる店の看板選手になっていた。

仕事だけでなく学校への疲労困憊になりつつもこなし、やがてまったく何も感じなくなるほどにたくましくなっていった。

そんな茉莉花の強さにある日、所長からの事付があると茉莉花を呼び出した店長から驚愕の連絡を受ける…

「茉莉花の区域にもう一つの区域をくっつけるって決まったからよろしく!」30部上乗せとかそんなレベルでなはくもう一区域くっつけるというのだ…

お問い合わせ

販売店さま、臨配で働きたい方、
ご連絡お待ちしています。

電話アイコン電話する24時間受付 電話アイコン050-6869-677524時間受付 LINEアイコンLineする24時間受付