代配ちゃん物語 #130 買い手市場 【第2章 茉莉花の文武両道】

「たしかに大学生活の初っ端にかかる費用をすべて面倒見てもらえるのは両親から経済的援助を見込めない学生からしたら魅力的なんだ!!ただ…」

理事は続けた。

「それは一度そこに入ってしまったら、運が悪ければそこで言いなりにならない限りはそのハシゴを一気に外されてしまうことにもなりかねないということをいつでも覚悟しなければならない!!」理事は目を血走らせながら力説する。

「たとえ口コミで良い販売店があったとしても、新聞奨学生は通学と大学の所在地の問題があって売り手がとても選択肢がないシステムなんです!」

理事は、新聞奨学生のシステムの素晴らしさは認めるものの、そこを媒介する本社などからの厳格な労基の作り方の必要性などを力強く訴えていた…

お問い合わせ

販売店さま、臨配の方、
ご連絡お待ちしています。

電話アイコン電話する24時間受付 電話アイコン050-6869-677524時間受付 LINEアイコンLINEする24時間受付