臨配くん物語 #222 ぶちキレる大輔【第3章 大輔、新しい販売店配属につき】

あまりにも陰険な専業である上川の度重なる嫌がらせ。

温厚な大輔は自分は臨配であるから人間関係に関する自分の存在感は無にするべきであるという自分のポリシーに則ってずっと我慢し続けた。

大輔は以前にも現場で専業からの臨配への妬みや嫌がらせみたいなものは仕方のないことだとして我慢した経緯があるのでここまでは肩を透かすようにすることができていた。

がしかし!!

大輔が自分を無視した態度をとっていると激昂した上川が大輔の胸ぐらに掴みかかったときだった…180cmはある大柄な大輔は自分のセイフティーゾーンを犯す身体的な攻撃に我慢ならずに上川が掴んでる手を振り払いそのまま背負投で地面に叩きつけたのだ!!

お問い合わせ

販売店さま、臨配の方、
ご連絡お待ちしています。

電話アイコン電話する24時間受付 電話アイコン050-6869-677524時間受付 LINEアイコンLINEする24時間受付