臨配くん物語 #226 なだめる団長【第3章 大輔、新しい販売店配属につき】

大輔からの電話に慌ててでた団長。

スマホのスピーカー越しから聞こえる絶叫ともいえる阿鼻叫喚したうめき声に、入店した大輔の身になにかが起きていると察し、ただちに状況確認をしてきた。

大輔は、上川が団長と直々に話がしたいと懇願するので団長に上川に繋ぐことを確認してスマホを上川に渡した。

「団長…この度は大輔さんに多大なご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした!今後、このようなことが絶対に起きないようにいたしますので今回のことはどうかご容赦くださいませ!!」

上川はこれ以上ないほど平身低頭に媚びるように初見の団長にも詫びをいれていた。

お問い合わせ

販売店さま、臨配の方、
ご連絡お待ちしています。

電話アイコン電話する24時間受付 電話アイコン050-6869-677524時間受付 LINEアイコンLINEする24時間受付