臨配くん物語 #227 事なきを得て順路取りを続行するが【第3章 大輔、新しい販売店配属につき】

団長は電話越しにベタ誤りする専業 上川をなだめ引き続き大輔に順路をとってあげてもらえるようやんわりと落ち着けた。

大輔も団長に伝えることで少しホッとしたのか、そのまま残りの順路を取り終えようと切り替えて入店初日の業務を続行した。

臨配にとって、販売店でなんらかのシコリが残ってしまうと後々、なんらかの形でまたそのシコリがストレスの爆発となって再発してしまうことがある…

大輔は一抹の不安を抱えながらも、その店でどうにか臨配としての任務を果たそうとフンドシを締め直ししようと決意した…

お問い合わせ

販売店さま、臨配の方、
ご連絡お待ちしています。

電話アイコン電話する24時間受付 電話アイコン050-6869-677524時間受付 LINEアイコンLINEする24時間受付