臨配くん物語 #233 大輔のプロ魂【第3章 大輔、新しい販売店配属につき】

「大輔…この現場あがるか?」怒りが収まらない団長は異例ではあるが現場から引き上げてもいいぞと大輔の意向を伺ってきた。

「団長…自分は基本的にはどんな現場であろうと筋は通そうと思ってます!一応、この現場に来る前に決まっていた契約期間の3ヶ月はやり通し、そのあとに日当の引き上げ交渉…もし販売店がその値段に応じなかったら契約の延長をしないというのが筋だと思ってます!」

大輔はもともと、どんな区域であれ寮であれ我慢強く不平も不満もあまり言わない臨配であった。

その大輔のプロ魂を聞いて、団長の大輔への信頼はより強固になりそして大輔の意向を汲んで期間満了まではこのまま任務を遂行することを了承した…

お問い合わせ

販売店さま、臨配の方、
ご連絡お待ちしています。

電話アイコン電話する24時間受付 電話アイコン050-6869-677524時間受付 LINEアイコンLINEする24時間受付