代配ちゃん物語 #147 手を振り落とすタイミングずれて 【第2章 茉莉花の文武両道】

その男子高校生は、かけるという愛称で呼ばれていた。赤が好きで服も小物も赤が多い傾向があった。

授業が終わりかけ頃、なぜかかけるはソワソワとして全く茉莉花の話なんて耳に入っていない態度であった。そんなかけるの態度にも淡々と授業を進める茉莉花は、次の授業の予習内容について説明していた…その時だった!

今まで一定以上あった二人の間が一気に詰まってきた…茉莉花はとっさの出来事過ぎていったい何が起きたのかわからずに目が点になっていた。かけるの近づいてくるタイミングで手を振りほどけなかったのだ。

そんなバタバタの状況の中、しばらくして状況が把握できた茉莉花はやっと茉莉花の口とかけるの口が密着していることだけを認識することができた…

お問い合わせ

販売店さま、臨配の方、
ご連絡お待ちしています。

電話アイコン電話する24時間受付 電話アイコン050-6869-677524時間受付 LINEアイコンLINEする24時間受付