代配ちゃん物語 #148 大人をからかうもんじゃないわよ【第2章 茉莉花の文武両道】

初めは自分に何が起きたのか全くわからなかった茉莉花。ただ目の前に教え子のかけるの顔が普段、ありえない距離にあることだけがしばらくして認識できた。

この時、初めて自分がかけるにとてつもなくどさくさに紛れて口を奪われたんだなとしっかりとわかった。

「ちょっと!かけるくん!!…私はあなたの先生であって高校生のあなたが大人をからかうってどうゆうことなの!!!」照れ隠しも混ざってかほんの少し、かけるの体を突き飛ばしながらとっさにそうかけるを叱りつけた。

ただ、初めこそ教え子の馴れ馴れしい急接近に違和感と嫌悪感があった茉莉花出会ったがこの時はそこまでの違和感と嫌悪感はなくなっていて、キスされたとわかってからしばらくはその状況をまんざらでもなく感じている自分がいることもなんとなく自覚していた茉莉花であった…

お問い合わせ

販売店さま、臨配の方、
ご連絡お待ちしています。

電話アイコン電話する24時間受付 電話アイコン050-6869-677524時間受付 LINEアイコンLINEする24時間受付