臨配くん物語 #234 臨配に嫌われては【第3章 大輔、新しい販売店配属につき】

大輔の決意を聞き、ある意味では感無量で件の販売店から引き上げる団長。

そんな帰路で団長は、販売店の現状、そのスタイル、求人状況と臨配の役割などの時代による変化について思慮を深めながら電車に乗っていた。

少し前の時代だと、新聞販売店も広告や新聞自体の売上が見込めて、給料に反映しなながらイケイケの配達部数を区域に課してもそれなりに成立していた。

しかしながら、昨今では労働の辛さの割に他業種よりも報酬が減り、そんなオラオラな経営では専業はおろか、臨配からも見放されてしまう時代になってきた…

一度、ブラックな販売店のレッテルを貼られてしまうと臨配は寄り付かない…専業もしかり…

人財なくしてはどんな経営も安定しない…団長はそんなことがわかっていない販売店の実情に無情さを感じていた…

お問い合わせ

販売店さま、臨配の方、
ご連絡お待ちしています。

電話アイコン電話する24時間受付 電話アイコン050-6869-677524時間受付 LINEアイコンLINEする24時間受付