臨配くん物語 #242 異変【第4章 与太る大輔】

団長が日当と寮に関して改善のお願いをしてくれたことで、例の販売店での臨配ライフというのは充実したものになっていた。

そんな日々を重ね、やがてそこでの臨配としての役割を終える日がやってきた。

「大輔…この後はすぐ仕事に行けるのか?」オフィスにもどってきた大輔に団長は次の仕事の段取りを伺っていた。

「しばらく休ませてもらってもいいですか?」頬が若干痩けていた大輔はそう団長に告げると言葉少なめにオフィスを後にした。

あんな元気のない大輔を見たことがなかった団長は、なにか良からぬ兆候であると直感的に感じていた…

お問い合わせ

販売店さま、臨配の方、
ご連絡お待ちしています。

電話アイコン電話する24時間受付 電話アイコン050-6869-677524時間受付 LINEアイコンLINEする24時間受付