代配ちゃん物語 #156 受験と新聞配達の両立【第2章 茉莉花の文武両道】

このままでは、茉莉花と疎遠になってしまう…そう思ったかけるの最後の手段というのは、茉莉花の新聞奨学生として在籍している新聞販売店にアルバイトとして勤めることだった。

当初、所長は茉莉花が完全にかけるを避けて家庭教師を降りたのかと考えて、かけると茉莉花を同じ職場に置くことに懸念を示したのだがほんの乙女心のいたずらで少し距離を置きたいくらいなものだろうと考えるようになった。

もし、それでも何か支障があればそのときはかけるにアルバイトを続けることは難しいと念押しをしていた。

「そしたらかけるくん…明日のお昼に販売店にこれるかい?順路取りというものをするよ!」

「順路取り!?…わかりました!!」かけるは元気よく返事をした…

お問い合わせ

販売店さま、臨配の方、
ご連絡お待ちしています。

電話アイコン電話する24時間受付 電話アイコン050-6869-677524時間受付 LINEアイコンLINEする24時間受付