臨配くん物語 #249 莫大な負債【第4章 与太る大輔】

深夜に突然、新宿バカラというフロントマンからの電話。そのまま大輔が電話を代わり今すぐお金を持ってきてくれないかという泣きの連絡が入った。

初めは、いったい何が起きたのかわからず動揺して状況をうまく話せない大輔からは今の状況をうまく聞き出せないと判断した団長は、再び電話をその違法賭博のフロントマンに繋いでもらうように伝えた。

「うちの大輔が異常に動揺しているみたいでして…いったい何が起きているのでしょうか?」団長は繋がれたフロントマンに問いただした。

「はいフロントです!今回、大輔さんはうちでバカラで遊ばれまして、そちらで負債ができまして…」

要は、大輔は自分で払いきれない負けを作ってしまったということだった…

お問い合わせ

販売店さま、臨配で働きたい方、
ご連絡お待ちしています。

電話アイコン電話する24時間受付 電話アイコン050-6869-677524時間受付 LINEアイコンLINEする24時間受付