臨配くん物語 #260 子も子なら親も親 【第5章 ブラック販売店での話】

主任の木原に雑用を命じられ理不尽に感じた大輔はすぐさまその販売店の所長にクレームをつけると…その所長も所長で、主任の木原は天然なので気にするなと宣った。

それだけであればまだいいのだが、ついには大輔に対して自分の販売店で専業をやらないかといわば引き抜き行為とも言えるようなことをしてきた。

販売店の空気や人間関係や形を作る要素でいちばん大きな要因というのは所長や店長の人柄であったり、考え方、意向であったりがすごい影響力を持つ。

だいたいにおいて、人が集まらない原因というのは職場の雰囲気だったり給料面であったりする。例外的に、アクセスや土地柄の問題もあるのだが、ほとんどは火のないところに煙は立たない理論で人が集まらないのだ。

この販売店はこの親ありきでこの子ありであると大輔は感じていた…

お問い合わせ

販売店さま、臨配の方、
ご連絡お待ちしています。

電話アイコン電話する24時間受付 電話アイコン050-6869-677524時間受付 LINEアイコンLINEする24時間受付